ダイワ(グローブライド) ハートランド742HRB-SV12 (疾風 BIWAKO SPEC) 742HRB-SV12 琵琶湖スペック

商品番号
4960652826853
メーカー価格
¥68,000 ¥74,800
FTO価格
¥54,400 ¥59,840
割引率
20% 割引

飄々と風のように生きている村上晴彦だけに、竿作りも閃きのまま、心の赴くままに進めているかのように思えるが、実はすべて緻密な計算に裏付けられている。

現状分析から今後の釣りを展望し、人々が望むであろうスタイルを予測して竿に昇華させているのである。

氏の過去の作品を振り返ってみても、それは容易に理解できる。そう考えると今回の742HRB-SV12『HAYATE BIWAKO SPEC.』誕生の背景は非常に分かりやすい。「作りたい竿はいっぱいある。でも、人々の目が琵琶湖に向いている今、このレイクにフォーカスした竿を作るタイミングとしてはベスト。それほど今の琵琶湖は熱い」

村上はまず、琵琶湖をこう分析する。「今の琵琶湖で釣りをするには『大胆かつ繊細』がキーワード。釣り人は増えた。結果、魚はスレて個体数は減った。しかしデカイのが釣れる。さらにYOUTUBEの出現で情報が一気に拡散するようになった。動画でキモを押さえられるので独り占めできるシークレットはなくなった。

普通に巻いてゴンと来る時代ではなくなった。だからドーンと投げて丁寧に釣る…そんな釣りが効果的になったんやね」こうした諸要素を踏まえて村上は具体的に竿をイメージしていく。関西だけでなく、日本中が日本のマザーレイクに目を向けている。そこは海外でも注目されている。多くの釣り人が遠方から訪れるようになった。だから、移動に便利な2ピースという発想が生まれる。

そして「大胆かつ繊細」でなければ釣りにならない、という前提に対しては、まず「遠投」という要素がクローズアップされる。

魚がスレた環境では遠投は必須要素である。そもそも浜に立ちこんでの遠投はひとつのスタイル。それだけで気持ちいい。さらにナーバスな魚に繊細にアプローチするためには、ヘビーキャロライナリグが効果的となる。ということは、硬いが扱いやすい細い穂先を持つ「硬柔らかい」竿が必要になってくる。こうして生まれたのが『HAYATE BIWAKO SPEC.』。

ハマの釣りに一世を風靡したHL-Z 741HRB-Tヘビーキャロライナスペシャルへの願望がこの竿をもたらしたともいえるが、最新の釣りを考えると実に理に適っているといえるだろう。

ブランクは超感覚SVF COMPILE-Xを採用し、♯01にはシャープな風切りを狙ってチューブラーパワースリムを、♯02には強烈なバットパワーを生み出すマグナムテーパーを使った適材適所の異次元2ピース。もちろんジョイントはダイワが誇るVジョイント。1ピースと遜色ない美しい曲がりを見せる。

しかもネジレに強くビッグバスにも遊ばれないトルク強度を武装させるために全身にまとったXトルクも加わって、一日フルキャストを繰り返してもキャスト時のアキュラシーがブレる事はない。ガイドは村上流遠投仕様の小口径オリジナルセッティング。ラインが竿に這うことで、ストリップロッドのような気持ちいい操作性を生みだした。

キモは汎用性。前述のヘビキャロをはじめとしてバイブレーション、クランクベイト、スピナーベイト、ミノーなど、あらゆるリグに対応することで岸釣りの基本要求を満たしている。例えばヘビキャロを遥か彼方の沖にドーンと大遠投して、ボトムをズル引く。すると穂先が確実にボトムを感じてしなってくれる……『HAYATE BIWAKO SPEC.』はそんな気持ちがいい竿なのである。

商品画像につきまして
●同一シリーズの代表的な画像を掲載している場合があります。

飄々と風のように生きている村上晴彦だけに、竿作りも閃きのまま、心の赴くままに進めているかのように思えるが、実はすべて緻密な計算に裏付けられている。

現状分析から今後の釣りを展望し、人々が望むであろうスタイルを予測して竿に昇華させているのである。

氏の過去の作品を振り返ってみても、それは容易に理解できる。そう考えると今回の742HRB-SV12『HAYATE BIWAKO SPEC.』誕生の背景は非常に分かりやすい。「作りたい竿はいっぱいある。でも、人々の目が琵琶湖に向いている今、このレイクにフォーカスした竿を作るタイミングとしてはベスト。それほど今の琵琶湖は熱い」

村上はまず、琵琶湖をこう分析する。「今の琵琶湖で釣りをするには『大胆かつ繊細』がキーワード。釣り人は増えた。結果、魚はスレて個体数は減った。しかしデカイのが釣れる。さらにYOUTUBEの出現で情報が一気に拡散するようになった。動画でキモを押さえられるので独り占めできるシークレットはなくなった。

普通に巻いてゴンと来る時代ではなくなった。だからドーンと投げて丁寧に釣る…そんな釣りが効果的になったんやね」こうした諸要素を踏まえて村上は具体的に竿をイメージしていく。関西だけでなく、日本中が日本のマザーレイクに目を向けている。そこは海外でも注目されている。多くの釣り人が遠方から訪れるようになった。だから、移動に便利な2ピースという発想が生まれる。

そして「大胆かつ繊細」でなければ釣りにならない、という前提に対しては、まず「遠投」という要素がクローズアップされる。

魚がスレた環境では遠投は必須要素である。そもそも浜に立ちこんでの遠投はひとつのスタイル。それだけで気持ちいい。さらにナーバスな魚に繊細にアプローチするためには、ヘビーキャロライナリグが効果的となる。ということは、硬いが扱いやすい細い穂先を持つ「硬柔らかい」竿が必要になってくる。こうして生まれたのが『HAYATE BIWAKO SPEC.』。

ハマの釣りに一世を風靡したHL-Z 741HRB-Tヘビーキャロライナスペシャルへの願望がこの竿をもたらしたともいえるが、最新の釣りを考えると実に理に適っているといえるだろう。

ブランクは超感覚SVF COMPILE-Xを採用し、♯01にはシャープな風切りを狙ってチューブラーパワースリムを、♯02には強烈なバットパワーを生み出すマグナムテーパーを使った適材適所の異次元2ピース。もちろんジョイントはダイワが誇るVジョイント。1ピースと遜色ない美しい曲がりを見せる。

しかもネジレに強くビッグバスにも遊ばれないトルク強度を武装させるために全身にまとったXトルクも加わって、一日フルキャストを繰り返してもキャスト時のアキュラシーがブレる事はない。ガイドは村上流遠投仕様の小口径オリジナルセッティング。ラインが竿に這うことで、ストリップロッドのような気持ちいい操作性を生みだした。

キモは汎用性。前述のヘビキャロをはじめとしてバイブレーション、クランクベイト、スピナーベイト、ミノーなど、あらゆるリグに対応することで岸釣りの基本要求を満たしている。例えばヘビキャロを遥か彼方の沖にドーンと大遠投して、ボトムをズル引く。すると穂先が確実にボトムを感じてしなってくれる……『HAYATE BIWAKO SPEC.』はそんな気持ちがいい竿なのである。

特徴
仕様

●SVF COMPILE-X
●TUBULARPOWERSLIM
●V-JOINT
●MAGNUM TAPER
●X45

特徴

飄々と風のように生きている村上晴彦だけに、竿作りも閃きのまま、心の赴くままに進めているかのように思えるが、実はすべて緻密な計算に裏付けられている。

現状分析から今後の釣りを展望し、人々が望むであろうスタイルを予測して竿に昇華させているのである。

氏の過去の作品を振り返ってみても、それは容易に理解できる。そう考えると今回の742HRB-SV12『HAYATE BIWAKO SPEC.』誕生の背景は非常に分かりやすい。「作りたい竿はいっぱいある。でも、人々の目が琵琶湖に向いている今、このレイクにフォーカスした竿を作るタイミングとしてはベスト。それほど今の琵琶湖は熱い」

村上はまず、琵琶湖をこう分析する。「今の琵琶湖で釣りをするには『大胆かつ繊細』がキーワード。釣り人は増えた。結果、魚はスレて個体数は減った。しかしデカイのが釣れる。さらにYOUTUBEの出現で情報が一気に拡散するようになった。動画でキモを押さえられるので独り占めできるシークレットはなくなった。

普通に巻いてゴンと来る時代ではなくなった。だからドーンと投げて丁寧に釣る…そんな釣りが効果的になったんやね」こうした諸要素を踏まえて村上は具体的に竿をイメージしていく。関西だけでなく、日本中が日本のマザーレイクに目を向けている。そこは海外でも注目されている。多くの釣り人が遠方から訪れるようになった。だから、移動に便利な2ピースという発想が生まれる。

そして「大胆かつ繊細」でなければ釣りにならない、という前提に対しては、まず「遠投」という要素がクローズアップされる。

魚がスレた環境では遠投は必須要素である。そもそも浜に立ちこんでの遠投はひとつのスタイル。それだけで気持ちいい。さらにナーバスな魚に繊細にアプローチするためには、ヘビーキャロライナリグが効果的となる。ということは、硬いが扱いやすい細い穂先を持つ「硬柔らかい」竿が必要になってくる。こうして生まれたのが『HAYATE BIWAKO SPEC.』。

ハマの釣りに一世を風靡したHL-Z 741HRB-Tヘビーキャロライナスペシャルへの願望がこの竿をもたらしたともいえるが、最新の釣りを考えると実に理に適っているといえるだろう。

ブランクは超感覚SVF COMPILE-Xを採用し、♯01にはシャープな風切りを狙ってチューブラーパワースリムを、♯02には強烈なバットパワーを生み出すマグナムテーパーを使った適材適所の異次元2ピース。もちろんジョイントはダイワが誇るVジョイント。1ピースと遜色ない美しい曲がりを見せる。

しかもネジレに強くビッグバスにも遊ばれないトルク強度を武装させるために全身にまとったXトルクも加わって、一日フルキャストを繰り返してもキャスト時のアキュラシーがブレる事はない。ガイドは村上流遠投仕様の小口径オリジナルセッティング。ラインが竿に這うことで、ストリップロッドのような気持ちいい操作性を生みだした。

キモは汎用性。前述のヘビキャロをはじめとしてバイブレーション、クランクベイト、スピナーベイト、ミノーなど、あらゆるリグに対応することで岸釣りの基本要求を満たしている。例えばヘビキャロを遥か彼方の沖にドーンと大遠投して、ボトムをズル引く。すると穂先が確実にボトムを感じてしなってくれる……『HAYATE BIWAKO SPEC.』はそんな気持ちがいい竿なのである。

メーカー ダイワ (Daiwa)

釣具通販 フィッシングタックルオンライン(FTO)は
フリーダイヤル、FAXでもご注文いただけます。携帯からもご利用可能です。

フリーダイヤル0120-54-6817
Fax番号06-6123-7811

ご利用時間 10:00〜19:00(月〜金)/ 10:00〜17:00(土)